一般男性との結婚を発表した大石参月(講談社『ViVi』誌面カット)

写真拡大

 モデルの大石参月(26)が23日、地元・静岡県浜松市に住む一般男性と今年春に結婚することを自身のブログで発表した。

<スタイル抜群>大胆な肩出し&美脚ファッションの大石参月

 「大切な皆様へ」の書き出しで大石は、「かねてよりお付き合いしておりました地元浜松に住む一般男性の方とこの春結婚することになりました」と報告。「モデルという仕事をして10年、本当にいろんなことがありましたが10代から一緒だった彼の存在は私にとって大きな支えとなっていました。そんな方に出逢えたこと、本当に幸せを感じています」と喜びをつづった。

 所属事務所によると、お相手は大石の高校時代の同級生で17歳から交際を開始。大石の上京後も遠距離恋愛で愛を育み、10年間の交際期間を実らせてゴールインする。3月22日の大石の誕生日に結婚し、4月にハワイで挙式、6月に浜松で披露宴を行う予定という。

 今後については「大好きなモデルのお仕事は続けていきます」としており、「これからも皆さん、応援よろしくお願いします 大石参月」とブログを締めくくっている。

■大石参月プロフィール

 1988年静岡県浜松市生まれ。2004年雑誌『Seventeen』のオーディション、ミスセブンティーングランプリを受賞しモデルデビュー。5年間、同誌専属モデルとして表紙を数多く飾るなどティーンから絶大な支持を得る。卒業後『ViVi』専属モデルを得て、現在はファッション・メイク雑誌などレギュラー誌多数。東京ガールズコレクション、神戸コレクション、ガールズアワード、その他海外のファッションイベントにも数多く出演する。