すっきりして落ち着きのある見た目

写真拡大

ホンダは、力強い出力特性と優れた燃費性能を両立した水冷・4ストロークエンジンを搭載した新型50ccスクーター「タクト」と低シート高タイプの「タクト・ベーシック」を、2015年1月23日に発売。

コンパクトで安定感のあるスクーター

「ニュースタンダードスクーター」として、幅広い層のユーザーが手軽に扱え、パワフルかつ燃費性能に優れたエンジン搭載による高い機動性と経済性の両立を目指した。安心感をテーマとしたフォルムでシンプルかつ落ち着いたスタイリング、厚みのあるデザインで親しみやすいイメージ。50ccスクーター「Dunk(ダンク)」用に新開発した水冷・4ストローク・OHC・単気筒50ccのエンジン「eSP(イーエスピー)」を採用。50ccスクータークラスで最も優れた燃費性能を実現している。フラットで広いフロアを採用しており、足元スペースにゆとりを確保。さらに足着きが良好で求めやすい価格のタクト・ベーシックを設定し、幅広い客層の好みに応えている。カラーバリエーションはタクトが3種類、タクト・ベーシックが4種類。

メーカー希望小売価格はタクト17万2800円(税込)、タクト・ベーシック15万9840円(同)。