320万年前の猿人の手に新説 道具をつかんで使用する能力があった?

ざっくり言うと

  • 320万年前の猿人の手が、道具をつかんで使用する能力があったと発表された
  • 200万〜300万年前の猿人は、今まで道具を作っていなかったとされていた
  • 今回の研究結果は、骨梁と呼ばれる海綿状構造の新たな分析に基づくものだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング