オールマウンテンジャケット(MEN’S)のサイズはSからXXLまで

写真拡大

スポーツウェアメーカーのゴールドウイン(東京都渋谷区)の「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」は、新裏地構造「GORE-TEX Products with GORE C-KNIT Backer Technology」を採用したアウトドア用ジャケットを2015年2月から発売する。

アルプス登山での長期縦走から残雪期にも対応

新裏地構造は新たに開発され、高密度で薄く軽量。丸編み生地で肌触りが良く、しなやかな着心地で1日中着用しても快適だという。生地のすれる音も静か。従来の裏地より最大10%の軽量化、最大15%の透湿性がアップした。どんな天候でもアウトドアを楽しめる。

防水シェルジャケットの「オールマウンテンジャケット」(4万6000円、税抜)は春夏のアルプス登山での長期縦走から残雪期にも対応する。カラーは全4色。「クライムベリーライトジャケット」(3万7000円、同)は軽量化とコンパクト性を追求し、動きやすく様々なフィールドで活用できる。カラーは全5色。