ドイツの賃貸アパートで「立ち小便」 慣習だから問題なしと判決

ざっくり言うと

  • ドイツで、アパートの入居者が自室で立ち小便することの是非が争われた裁判
  • 立ち小便は現地の慣習だとして、問題はないとする判決が出された
  • 尿で床が損傷したとして差し引かれた敷金の返還を、入居者が要求していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング