フランス連続銃撃テロ 人質男性が「恐怖の4時間」を振り返った

ざっくり言うと

  • パリで起きた連続銃撃テロで、人質の男性が「恐怖の4時間」を振り返った
  • 「犯人は穏やかだったが警察突入の瞬間に豹変し、皆殺しだと叫んだ」と証言
  • 犯人は小銃を持ち、腰ポケットに爆発物の筒を突っ込んでいたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング