顔面強打の森重、UAE戦出場に意欲を示す「しっかり練習できた」

写真拡大

 UAE代表とのアジアカップ準々決勝を翌日に控えた日本代表は22日、前日練習を行った。

 20日に行われたヨルダン代表戦で、相手選手と競り合った際に顔面を強打したDF森重真人は練習後「歯茎が痛いというか、かみ合わせがちょっとおかしくなっています」と現状について説明し、「当たったら痛いですけど、当たらないように願いながらやるしかないです」と、UAE戦出場に意欲を示した。

 また、森重は「朝起きたら、だいぶ痛みが引いていました」とコメント。「全然問題ないと思ったので、今日もしっかり練習できました」と続け、プレーには影響がないことを強調していた。