得点にこだわる姿勢を見せた岡崎慎司「ゴールが求められている」

写真拡大

 UAE代表とのアジアカップ準々決勝を翌日に控えた日本代表は22日、前日練習を行った。

 グループリーグ3試合で先発出場しているFW岡崎慎司は練習後、UAEについて「個人的にはリラックスルームで(映像を)見ています。いいサッカーをしているというのはありますけど、そんなに対戦相手を意識することはないと思います」と語った。

 また、岡崎は自身のプレーに言及。20日に行われたヨルダン代表戦で積極的にシュートを放っていた同選手は「続けるだけです。個人的にもゴールを取ることが求められていますし、今はそういうポジションでやっていると思います」と述べた。

 さらに「嫌な選手になれている自信はあるんですけど、最後のところでやっぱりこいつ点を取るなって役目は自分でありたいなと思っています」と主張。「その部分を極めたいというか、次は突き詰めたいです」と続け、得点にこだわる姿勢を示した。