GEL−NIMBUS 17/LADY GEL−NIMBUS 17

写真拡大

 アシックスは、着地時の衝撃を高いレベルで緩衝するクッション性を重視したランニングシューズ「GEL−NIMBUS」から、フィット性をより高めた最新モデル4品番を、2月上旬から全国のスポーツ用品店などで発売する。メーカー希望小売価格はすべて14,500円(税抜)。

 同商品は、フルマラソンを目指すランナーに向けたモデル。アッパー(甲被)は、通気性の良いメッシュを使い、1枚の生地でアッパー全体を覆う「ワンピース構造」としている。ランニング時に生地が伸びやすいつま先や甲の側面などには、フィット性を高めるための補強材として、樹脂製の立体プリントを配している。縫製箇所が少ないので足あたりがやわらかく、足を包み込むようなやさしい履き心地があり、高いフィット性も得られるという。

 靴底は、特性が異なる2種類のスポンジ素材を使うことで、両素材の持ち味を効果的に発揮させ、流れるような走り心地を追求している。従来の素材から更に軽量化し、反発性も高めた独自開発の「Solyte」を路面側に、その上部に従来の素材からさらに反発性を高めた、高いクッション性と反発性をあわせ持つ「SpEVA」を配している。また、かかと部に搭載している衝撃緩衝材「GEL」の量を増やし、衝撃緩衝性をさらに高めている。中敷きは、反発性に優れ、抗菌・防臭機能を備えたタイプを採用しており、シューズの中を快適に保つことができる。