部活中に熱中症で倒れ障がい 兵庫県に約2億円超の支払い命じる

ざっくり言うと

  • 部活中の熱中症で重い障害が残ったとして、兵庫県に損害賠償を求めた裁判
  • 22日の控訴審判決で大阪高裁は、約2億2千万円の支払いを命じた
  • 裁判長は部活の顧問について「水分補給の指導などをしなかった」と指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング