1月特集 2015年錦織圭の挑戦!(7)

錦織圭vs「BIG3」
【第2回:ロジャー・フェデラー編】

日本人初のグランドスラム大会制覇を目指す錦織圭。その夢を実現するには、打ち破らなければいけない壁がある。「BIG3」と称される、世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ、2位のロジャー・フェデラー、3位のラファエル・ナダルだ。第1回で紹介したジョコビッチはもちろんのこと、復活を果たしたフェデラーも、かなり手強い相手であることは間違いない――。

 世界のテニス記者たち約100名あまりが加盟する『国際テニスライター協会』は毎年、テニスの普及・発展にもっとも貢献し、メディアにも友好的だった選手を男女それぞれひとりずつ選出し、全豪オープンで表彰している。

 今年は話題性、新鮮さ、人柄も考慮して、男子プレイヤーでは錦織圭(25歳)が選ばれるのではないかと思っていた。ここだけの話、錦織に一票を入れたのだが、残念ながら選ばれたのは錦織ではなく、ロジャー・フェデラー(33歳。スイス/世界ランキング2位)だった。

 日本人の贔屓目(ひいきめ)だったのだろうか......いや、そんなはずはない。きっと錦織は"次点"だったはず! と思う。

 ともあれ、「世界」がテニス界への影響力として、フェデラーの復活をより高く評価したのは事実だ。

 復活といっても、世界ランキングが50位とか、100位にまで落ちたわけではない。一昨年(2013年)、グランドスラムの決勝から少し遠ざかり、世界ランキングが8位まで落ちていたというだけのこと。それだけで「そろそろ引退か......」と囁かれてしまうのだからたまったものではないが、「神の傑作」とまで称えられた男だからこそ、周囲では、その引き際へのカウントダウンがそのときからもう始まっていた。

 一方で、フェデラーという帝王を失ったら一体この先、テニス界はどうなるのか、という大問題があった。多くの人々が、フェデラーがいなくなったあとのテニス界の行く末に不安を抱えていたのはないだろうか。

 ところが昨年(2014年)、フェデラーはそうした周囲の憶測や心配をかき消す活躍を披露。ツアー5勝、ウインブルドン決勝進出、そして年間1位の座を、現王者のノバク・ジョコビッチ(27歳。セルビア/世界ランキング1位)と最後まで争った。さらに、デビスカップ(男子国別対抗戦)初優勝をスイスにもたらした。

 今年は、王座奪還も夢ではない――人々がそんな期待を抱く中、シーズン開幕早々に大きな節目に到達した。ツアー通算1000勝。それを、ツアー開幕戦のブリスベン国際(オーストラリア)決勝という舞台で飾るところが、またフェデラーらしい。

 勝った相手は、準決勝で錦織を破ったミロシュ・ラオニッチ(24歳・カナダ/世界ランキング8位)。ツアー屈指のビッグサーバーを上回る、サービスエースを決めての勝利だった。

「これまで、どんな記録的な数字も、僕にとっては意味のないことだったんだ。でも『1000(勝)』は、特別な感じがする。単に1から1000まで数えるだけでも、結構な時間がかかるよね」

 フェデラーが、自身にとってのシーズン第1戦を制したのは4年ぶり。世代交代の行方が注目される2015年だが、そんな議論をやんわりと退けるようなスタートだった。

 準決勝では、やはり若手期待のグリゴール・ディミトロフ(23歳・ブルガリア/世界ランキング11位)を1時間足らずで一蹴している。"ベイビー・フェデラー"の異名を持つディミトロフには、これで3戦全勝。決勝で下したラオニッチにも8勝1敗と大きく勝ち越している。

 若手に対するフェデラーのコメントは時に厳しく、昨年も「若いと言っても、彼らはもう長い間ツアーで戦っているじゃないか。(上に)上がってくるのが遅いと思う。僕やラファ(ラファエル・ナダル=28歳。スペイン/世界ランキング3位)やノバク、アンディ(アンディ・マレー=27歳。スコットランド/世界ランキング6位)があれくらいの年齢のときと比べると、そのレベルに届いていない」と話したことがある。

 期待するがゆえ、奮起をうながす思いもあるのだろうが、次世代を担う若手にとって、フェデラーの壁はまだまだ厚い。

 ただ最近、特に錦織のことは、一目置いているようだ。ブリスベン国際でも「ケイは、もうトップ選手のマインドを持っている」などと語っていた。

 実際、両者の対戦成績はほぼ互角にある。初対戦は、2011年。フェデラーの故郷スイス・バーゼルでの決勝だった。当時、フェデラーは約8年ぶりにトップ3から転落していて、世界ランキング4位。錦織はまだ32位だった。勝負は、フェデラーが6−1、6−3と圧勝した。しかし、2度目の対戦となった2013年のスペイン・マドリード(3回戦)、翌2014年のアメリカ・マイアミ(準々決勝)と、錦織が連勝。その後、フェデラーが2勝して、ふたりの対戦成績は、現在フェデラーの3勝2敗となっている。

 両者の対決は今後、よりスリリングになっていくだろう。復活を果たしたテニス界の"天才"フェデラー自身が、何より錦織のことを認めているからだ。

 錦織にとって、フェデラーは子どもの頃からの憧れの存在。トップに近づけば近づくほど、次の壁を破る困難を知れば知るほど、頂点に長く君臨してきたフェデラーへの尊敬の念は一層高まった。そんな気持ちをコートに持ち込んでいたことを、マイケル・チャンコーチに咎(とが)められたというが、だからといって、錦織のフェデラーに対する敬意が消えたわけではない。

 互いに尊重し合う者同士の戦いは、美しい。世代の異なる天才ふたりの競演――それは"世界"が「見たい」と願う勝負のひとつ、でもある。

山口奈緒美●文 text by Yamaguchi Naomi