ブースにいた“パンケーキ”プロを取材!(撮影:ALBA)

写真拡大

 フロリダ州オーランドで開催中の世界最大級のゴルフ見本市『PGAマーチャダイズショー』。オーランド在住のゴルフアナリスト、アンディ和田氏が独自の視点で気になったものを紹介していきます!
米大手チェーン「ワッフルハウス」が“パンケーキ”と契約
 昨日、今季3年目のシーズンを迎える米国女子ツアーの新星、ブルック・パンケーキ選手と米国の大手レストランチェーン「ワッフルハウス」がパートナーシップを結んだことを発表されました。ちょうどそのパンケーキ選手が会場にいると聞きつけ、彼女がウエア契約をしているCHASE54のブースに行きました。そこにはワッフルハウスのワッフルを配る彼女の姿が!日本のメディアだというと喜んで対応してくれました。
 契約のきっかけは、米国では9月26日が“パンケーキの日”なのですが、その日放送されたゴルフチャンネルのモーニングドライブという番組で取材され、「名前はパンケーキだけどワッフルが好き」と答えたことで今回のオファーが来たそうです。
 彼女は「この名前で学生時代はよくからかわれもしたけど、今は名前のおかげで契約ができて本当にうれしい」と喜んでいました。ワッフルハウスのイメージカラーはイエローなのですが「開幕戦にむけてイエローのキャディバッグを作ったの。今から本当に楽しみだわ」とシーズン開幕を心待ちにしていました。
 彼女はアラバマ大学在学中に米国対イギリス&アイルランドの対抗戦「カーチスカップ」の代表にも選ばれた選手。大学を中退してプロになる選手が多い中、彼女は学業を両立させ「大学生活の中でメンタルも鍛えられた。今の自分があるのは大学のおかげ」と話していました。アーカンソー大学を卒業してプロに進んだ、ステーシー・ルイスと近い印象を受けました。今回の対応など、とてもしっかりした人のようですね。めずらしい名前のおかげで契約や、他国のメディアに取り上げられるようになった彼女ですが、3年目の今年はプレーでさらに有名になってくれそうです。
【アンディ和田/ゴルフアナリスト、コメンテーター】
1968年生まれ。アメリカ国内のミニツアーをはじめ世界25ヶ国でプロの試合を経験。青木功や中嶋常幸らの米ツアーでのキャディの経験もあり。現在は欧州ツアーや米国女子ツアー、アメリカ2部ツアーまでどんなツアーにも詳しい解説アナリスト。ALBA.netの討論コンテンツ“Gボイス”のコメンテーター。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【アンディ和田のPGAショーレポート6】グローバルモデルと日本モデルの違い!
【アンディ和田のPGAショーレポート5】フィル・ミケルソンが使用する新作ウェッジを発見!
石川遼、2015年初戦で大きなチェンジ!キャロウェイのボールを新投入
【舩越園子コラム】起こるべくして起こった勝利
毎週更新、ゴルフ好きの美女を紹介!「美ゴ女」