1月19日に開幕した「全豪オープンテニス」で、悲願のグランドスラム初優勝を目指す錦織圭(25)。昨シーズン、錦織は日本人初となる「全米オープン」準優勝という快挙を成し遂げるなど大躍進。そんな錦織の大きな支えとなっているのが、1980年代後半から90年代にかけてテニス界で活躍したコーチのマイケル・チャンの存在である。

「当時、世界トップ10の壁に直面していた錦織に対して、チャン氏は、『ケイ、もっとフォアハンドを使え!』『もっと重いボールを打て!』と、部活のように基礎練習を反復させました」(テニスジャーナリスト)

 こうしたチャン氏の熱血指導が功を奏し、錦織は昨季、世界ランク5位にジャンプアップ、獲得賞金は約5億2000万円にも上った。ところが、チャン氏のほかにも錦織を強力にバックアップしている“あるモノ”が存在するという。前出のテニスジャーナリストが明かす。

「愛用の『ひよこちゃんバッグ』です。これは、自身が所属契約を結ぶ日清食品の看板商品『チキンラーメン』のノベルティグッズとして配布されたもので、全米オープンの決勝戦も、ひよこちゃんのキャラクターが大きくプリントされた黄色いバッグにタオルやドリンクを入れてコートに現れました。錦織にとっては勝利のお守りになっているようです」

 錦織はほかにも、ミッキーマウスのスマホカバーをつけていたり、スヌーピーがプリントされたTシャツを着ている姿が目撃されている。

 このお気に入りキャラクターグッズで、グランドスラムの偉業を引き寄せることはできるか。今季も錦織の持ち物から目が離せない。