豪州で漁民が、鰻のような体で300個以上の鋭い牙を持つ魚を捕獲

ざっくり言うと

  • 鰻のような体で300個を超える牙を持った魚がオーストラリアで捕獲された
  • 魚の学名はラブカで、8000万年前の生きた化石だという
  • 同国のビクトリア州でラブカが捕獲されたのは初めてのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング