仏紙襲撃事件を受け「表現の自由」の二面性を解説 弱者の支配へ

ざっくり言うと

  • 仏紙襲撃テロには大きく二つの論調があると筆者が解説している
  • 表現の自由を優先させる立場と、宗教への風刺を慎むべきという立場
  • 弱者を救う原理として表現の自由がある一方、強者の支配も強化するとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング