SW“チューバッカ”俳優が入院、新作「フォースの覚醒」にも出演。

写真拡大

映画「スター・ウォーズ」シリーズでおなじみのピーター・メイヒュー(70歳)が、現在、肺炎で入院していることがわかった。

同シリーズの中でウーキー・チューバッカを演じるピーターが肺炎のため入院したことを、1月19日、妻のアンジーが米ソーシャルサイト・redditにメッセージを投稿し、完全に病気を治すために数日間の入院が必要であることを明かした。

「皆さんのあたたかいメッセージや前向きなコメント、本当にありがとうございます。医師団はピーターの回復にとても喜んでいます」

2メートル20センチの身長を持つピーターは、2013年にも両ひざを人工関節に変える手術を受けているが、入院はそれ以来となる。

今回メッセージが投稿されたのはredditだけでなく、ピーターのTwitterにも「やあみんな。ピーターは肺炎から順調に回復しているところだ。みんなのあたたかい願いに感謝しているよ」とのコメントが投稿された。

ピーターはアブダビ砂漠とイギリスのパインウッド・スタジオで撮影が行われた新作映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」でもチューバッカを演じることになっている。