画像は公式サイトのスクリーンショット

写真拡大

1月から読売テレビ・東京MXで放送されているショートアニメ『うわばきクック』。一見するとキッズ向けコンテンツのようだが、その魅力はじわじわと大人にも広がっている。

うわばきクックと手ぶくろテンテ(ショートバージョン)




キャラ設定は『TIGER & BUNNY』西田征史


主人公は左足用のうわばき・クック。双子の兄である右足用のうわばき・カックを探す旅のなかで、さまざまな経験を通じて成長していくというストーリー。1話およそ4分、全13話のショートアニメだ。

一見するとキッズ向けコンテンツ。しかし、その一言だけで片付けられない魅力がある。

まずはその世界観。特にシュールな展開は、一度でも番組を見た人ならだれもが感じるポイント。一方で、作品としての評価も高く、アニメ好きで知られるアナウンサー・松澤千晶さんも絶賛している。




そもそも離れ離れになった原因は、“汚れたうわばき(クック)をゴミだと勘違いしたゴミ収集車のおじさんに捨てられてしまった”からだという。見た目のユルさとは裏腹の、悲哀に満ちた出自が秘められている。

実は、キャラクターの設定を手がけているのは、『TIGER & BUNNY』や実写映画・ドラマ『怪物くん』などで脚本を担当した西田征史さん。アニメでは、監督・構成・脚本・音響監督、さらにはナレーションまで担当している。

久野美咲さんや杉田智和さんら人気声優陣にも注目


re02_sakusha

公式サイトからのスクリーンショット


キャストにも旬な面々が顔を揃える。主人公・クックを演じるのは、『ガリレイドンナ』のグランデロッソ役、『selector infected WIXOSS』のタマ役が記憶に新しい久野美咲さん。

兄・カック役は興津和幸さん、空き缶役は杉田智和さん、キュータ役は浪川大輔さん、ピアス姉役は能登麻美子さん、ピアス妹役・内田真礼さん、他にも多くの方が名前を連ねているので、これだけでも一見の価値ありかもしれない。

また、キャラクターの原案は次雷菌さんによるもの。2012年にpixiv上で開催された、読売テレビ開局55周年記念キャラクターイラストコンテストで最優秀賞を受賞したデザインが採用された。

読み聞かせ用の絵本データの配信や、小学校での読み聞かせ授業の実施と、キッズ向けならではの展開も行っている『うわばきクック』。少しでも気になる人は、ぜひ今からでも“連ドラ予約”を。