「7,000年前につくられた飛行機」というホラ話が、なぜ学会で発表されたのか

写真拡大

世界最初の「空飛ぶ機械」の誕生は、ライト兄弟よりも何千年も前にさかのぼると主張する人々がいる。しかしその論拠はどこにあるのか。インドの学術会議で起きた珍事について。

「「7,000年前につくられた飛行機」というホラ話が、なぜ学会で発表されたのか」の写真・リンク付きの記事はこちら

「オーパーツ」の話を聞いたことがあるだろうか。地球上で発見された、その時間と空間において存在すらしないはずの古代の物体のことだ。

ある有名なオーパーツ(OOPARTS: Out of place artifacts)のことが、『神秘の舞台上で』(Sulla scena del mistero, Sironi, 2010)という本で語られている。それはまるで飛行機のミニチュアのようなかたちをしていて、すべて金でできている。と、ここまでは、何も不思議なことはない。問題はこれが紀元1000年前後に姿を消したキンバヤ人によるものだ、ということだ。

しかし話は単純で、上記本のなかで説明されているように、現代人が“そのように見てしまう”だけにすぎないのだろう。同時期のコレクションの他のものと比べてみても、この「飛行機」は抽象化された動物の姿であり、おそらく鳥か魚だという説明がいちばんシンプルで筋が通っている。

だから、これが「古代の飛行機」であるという仮説は疑似科学の模範例であり、ましてや、この種の空想が科学学会で語られることになるとはまさか思わないだろう。だが、その「まさか」が、先日インドで開催された第102回インド学術会議で起きた。


TAG

CultureHeadlineNewsHistoryIndiaRecommendScienceWIRED ITWorld News

現役を引退した飛行機パイロット、アナンド・J・ボダス大尉と教師のアメヤ・ジャダヴは、1月4日、「インドの飛行機の古代技術」という演題の講演を行った。そこで彼らは、7,000年前、インドには、大陸から大陸へと旅することのできる巨大な飛行機が存在していたと説明した。その場で議題に上がったのは、オーパーツに表れているような人工物そのものについてのものではなく、失われた技術を記述しているというサンスクリット語のテクストだ。

実はこの説はすべて、歴史的および科学的観点からディティールに至るまで、40年も前にすでに論破されている(例えば、懐疑論者のスティーヴ・ノヴェッラは彼のブログで関連する研究(pdf)を引用している)。

この「インドの古代飛行機」というホラ話が広まり始めたのは、1959年のことだ。当時、古代の賢人バラダージャのものとされる、サンスクリット語の詩行を含む『ブリハッド・ヴィマーナ・シャーストラ』(Brihad Vimana Shastra)という本が出版された。

その詩行は、一読すれば確かに、空飛ぶ機械のことを記述しているように思えるかもしれない。例えば、「彼らは大洋を渡るための船を建造した…水と火を使って空間を素早く跳ねながら」とある。

問題は、このテクストがヴェーダ期(紀元前1,500〜600年頃)にまでさかのぼることを示す証拠が、本の著者の言葉だけしかないということだ。

しかし一方で、研究者たちが調べたかぎりでは、それらの詩行は1900〜22年に、パンディット(サンスクリット語を話す古典学者)のスッバラヤ・シャストリによって書かれたものだとされている。詩行を言語学的に分析したところ、それがヴェーダ期のものとは大きく異なる非常に現代的なサンスクリット語だとも判明しているし、同様の記述のある古代の写本が他に存在しないこともある。

70年代には、このテクストの別の版が図解付きで出版された。これらの飛行機(ヴィマーナ)が技術的観点からはナンセンスだと理解するのに十分だった。

Googleをひと通り見て回ればヴィマーナについてあらゆることが見つかるが、これはそう驚くことでもない。むしろ多くの人がいま問うているのは、科学とはほど遠い2人の人物が、非常に高尚な学術的側面をもつイヴェントに参加して、何十年も前の古い馬鹿げた話を広めるようなことがなぜできたのか、なぜ起きたのか、ということだ。

先日、多くのインド人科学者たちがイヴェントの主催者たちに、こうした疑似科学が重要なイヴェントを汚すことを許さないように訴え(PDF)を行った。しかし、聞き届けられることはなかった。

奇妙なのは、現在、主催者たちが、会議の紹介と関連するドキュメントを公開することをしぶっていることだ。学術会議の一般的な習慣であり、今回のインドの学術会議でも予告されていたにも拘わらず、だ。

インド紙『The Hindu』はボダス氏に資料を求めたが、彼は主催者たちに要請するようにと答えた。主催者たちのHindu紙への答えは「ボダスの許可が必要だ」、だ。

学術会議の受入先となったムンバイ大学助教授ガウリ・マフリカルは次のように付け加えている。「この研究とまったく関係のない他の誰かが、彼の功績を奪うのではないかとわたしたちは恐れています」。

となれば、ボダス氏の語った古代の飛行機の謎に包まれたレーダーシステム「Roopakarshanrahasya」がどのように機能するのかを知りたくてたまらない技術者たちは、彼の発表を待たなければならないわけだ。

TAG

CultureHeadlineNewsHistoryIndiaRecommendScienceWIRED ITWorld News