21日、韓国メディアによると、韓国の国会議員142人が日本国憲法9条をノーベル平和賞に推薦することが分かった。これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2015年1月21日、韓国・ニューシスによると、韓国の国会議員142人が日本国憲法9条ノーベル平和賞に推薦することが分かった。

【その他の写真】

野党・新政治民主連合の元恵栄(ウォン・ヘヨン)議員と与党・セヌリ党の李柱栄(イ・ジュヨン)議員は21日、記者会見を開き、「日本国憲法9条をノーベル平和賞に推薦するための署名活動に142人が参加した」と発表。また、「国際社会は平和憲法9条を改正しようとするなど、日本の右傾化を懸念している。国際社会の一員として、韓国には日本の憲法9条を守る責任がある」などと述べた。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「本当にノーベル平和賞を受賞したら面白い。安倍首相はどんな顔をするだろう?」
「日本議員の記事かと思ったら韓国議員の記事だったからびっくりした!たまにはまともに働くんだね」

「ノーベル平和賞を受賞しても、安倍首相は改憲するんじゃない?」
「署名しなかった議員は全員、親日派だということ?しっかり覚えておこう」

「ノーベル平和賞を与えるな!という珍しいロビー活動が始まりそうだ」
「このアイディアは悪くないね。お金をかけずに、日本にプレッシャーをかけられる」

「本当に無駄なことばかりする。国際社会ってどの国のこと?中国や韓国?多くの国が日本の集団的自衛権を支持しているよ」
「日本に干渉するのはやめて、まずは自分の国をどうにかして」(翻訳・編集/篠田)