4K高画質撮影をコンパクトボディで

写真拡大

パナソニックは、4K/30p対応のデジタル4Kビデオカメラ「HC-WX970M」を、2015年1月23日に発売する。想定価格は14万5000円前後。

4K画質の静止画も切り出せる

フルハイビジョンの約4倍の解像度を持つ高画質4K/30p(1秒間30コマ)対応ながら、重量を約447グラム(バッテリー含む)に抑えた軽量・コンパクトボディ。厳しい認証工程を経た「ライカディコマーレンズ」を採用し、歪みが少なくクリアな映像で撮影できる。

データ量が膨大な4K映像を高速処理できる「クリスタルエンジン4K」、総画素数1891万画素の高速読み出し可能な1/2.3型4KハイスピードMOSセンサーを装備。4つのレンズが独立して動く「4ドライブシステム」を搭載、高倍率ズーム時でも鮮明に撮影できる。

4K用に新規開発した「4KハイプレシジョンAF」で、速いフォーカススピードと高い追従性能、捕捉性能を持ち、素早いピント合わせを実現した。動画から画素数約800万画素の静止画を切り出せる「4K PHOTOモード」も搭載する。

内蔵メモリーは64GB。SDXC(48〜64GB)、SDHC(4〜32GB)、SD(512MB〜2GB)の各メモリーカードに対応する。カラーはブラックとブラウンの2色。