指揮者の渡邊氏は海外でも活躍している

写真拡大

映画・ドラマ・アニメ作品などの「劇伴音楽」を中心に演奏する日本劇伴交響楽団(東京都中央区)は、初めてのアニメ音楽のフルオーケストラ演奏会「Anime Symphonia(アニメ・シンフォニア)」を、東京都渋谷区のBunkamura オーチャードホールで2015年7月20日に開催する。

アニメ音楽を一流の演奏で

「『進撃の巨人』オリジナルサウンドトラック」収録作品など、アニメ音楽の名作をフルオーケストラで演奏する。この公演では、楽団に所属していることにこだわらず一流の指揮者・奏者・編曲家に参加を要請した。指揮者は東京フィルハーモニー交響楽団の渡邊一正氏が就任、コンサートマスターはNHK交響楽団第2ヴァイオリン首席の永峰高志氏。オーケストラ演奏陣にもNHK交響楽団団員が数多く参加する予定。また、アニメ界を代表する著名なゲスト歌手や司会者の出演も予定されている。デジタル社会に生きる若者たちに生演奏の良さを自然な形で伝えるため、若い世代が興味を持つコンテンツを取り上げたという。昼夜2公演で、S席は7900円、A席は6900円の予定。