『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』(宝島社)

写真拡大

「妹キャラ」「ロリフェイス」で絶大な人気を誇るAV女優・紗倉まな。バカリズム、宮川大輔、おぎやはぎの小木ら芸人にもファンが多いことで知られる紗倉が、自伝的エッセイ『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』(宝島社)を出版し話題を呼んでいる。

 紗倉は高専(高等専門学校)在学中の2012年にAVデビュー、一躍トップ人気に。今やAVだけにとどまらず、『ゴッドタン』(テレビ東京)の名物企画「キス我慢選手権」をはじめとするテレビ出演や、トヨタ運営のサイトでコラム執筆など、幅広い活躍を見せている。

 しかし、なんといってもその名を知らしめたのは13年10月18日発売の「フライデー」に明石家さんまと密会デートが報じられたことだろう。さんまはもともと紗倉ファンをテレビでも公言していたが、紗倉との密会をタイミングよく撮られたことで、「ハニートラップ」と言い訳。「売名行為」との批判が紗倉に向けられた一件でもあった。

 そんな紗倉の自伝エッセイ。そこにはデビューに至るまでの心境、親バレなどAV業界の内情も描かれ、確かに紗倉らしい独自の不思議ワールドが広がっている。

 まずはAV女優になったきっかけだが、これもちょっと変わっている。紗倉がAV女優を志したのはなんと紗倉がまだ14歳のとき。父の書斎にこっそりまぎれていたAVを視て、その存在を初めて知り、同時に「AV女優になりたい」と思ったという。

「初めての映像...AVに、私は思わず見入ってしまいました。
 男性と女性が絡み合っている映像は、不思議なことにとてもキレイに見えました。普通の感覚で観てみれば、「お父さん、いやらしい」なんて嫌悪感を抱いたりするのかもしれません。でも私は、「女性の体って、こんなにキレイなんだ...」と、感動してしまったんです」
「アダルトビデオの中の女優さんが、スポットライトをあてられているように輝いて見えたのです」

 紗倉のなかにAV女優の存在が深く刻み込まれ、「憧れの職業」であり「輝くべき選択肢の一つ」だと思うようになったという。

 紗倉はその後工業系の高専に進み、知り合った一回り年上の男性との初Hを体験する。だが紗倉にとってそれは「あまり印象にのこっていません」という意外なものだった。

「アダルトビデオで見たセックスはとてもキレイで芸術的だったのに......。自分が体験したセックスには、思い描いていた美しさは何もない。ショックでした」

 初体験のショックから、より一層AV女優に憧れ、「裸になって自分を表現したい」という気持ちを強く持つようになった紗倉。実際その行動は早かった。AV女優になれる18歳の誕生日の翌日には、ネットで見つけたAV事務所にメールをして面接を受けるべく上京するのだ。

 ここ10年来、AVの垣根も低くなったと言われ、最近では事務所にAV女優志願者みずからの問い合わせも多いらしい。それにしても紗倉のAV女優への思いに、躊躇や迷いが一切ないことに驚かされる。紗倉のなかにあったのはひたすら憧れのAV女優という仕事に就きたいとの思いだった。

「自分のことを好きにもなれず、自信も持てなかった。だからこそ憧れだったAV女優という仕事をすることで自分自身と向き合い、殻を破りたかったのです」

 自分と向き合うためにAV女優になる。そのため面接で必ずきかれる撮影でのNG行為についても「なんでもやります!」、また親や周囲にバレるのを恐れてパブリシティ制限するAV女優も多い中、「パブリシティも全開」とやる気満々。しかもその意識は「私の中では『就職活動』と同等の感覚」だったという。そしてトントン拍子にデビューも決まりいよいよ親に報告となるが、母親の反応もまた独特だ。

 当初は「!?!?!?」と言葉にならない当然の反応で、心配をしたという母。だが自分の思いを伝える娘に、こう言ったという。

「あなたはいつもハチャメチャなことばかり言って...」
「はあ......(溜息)」

 そして「話し合いは、母親の『よくわからない子ね』という言葉と一緒に、涙も怒声もなく、静かに幕を閉じました(白目)」と最終的にはきちんと認めてくれたらしい。

 こうしてAV女優となった紗倉。デビュー作、初の現場でも緊張はなく、あくまでポジティブだ。

「他の女性が経験できないようなセックスができるわけですから、『どんな甘美な世界が繰り広げられるんだろう』」

 そんな期待にワクワクしたほどだった。さらにデビュー作が話題になり、学校の同級生にもバレたが、そこも乗り切った。

「楽しくてしかたない、ここは自分の天職だ!」
「裸で何かを伝えようとしている。それを自分で感じ取れたことに幸せを感じました」

 なんと前向きで素敵な女優さんなんだろう! AVという世界に憧れ、自ら望んでその世界に身を投じ、自分の出来ることを明るく一生懸命がんばる。幼女のようにかわいく、しかも巨乳。まさに天使のような存在だ。これほど明るくノー天気なAV女優の告白や自伝エッセイがあっただろうか。

 その後もAV女優というお仕事に邁進する紗倉だが、しかし不思議なことに彼女のポジティブさは、次第に周囲への過敏な配慮という形に集約されていくのだ。例えば、こんな具合だ。

「AV業界で知り合った方々は、定期的にお会いできるわけではないので、お正月などの時期には年賀状で感謝の気持ちを伝えるようにしています。イベントでお世話になった店舗さんをはじめ、イベントに来てくださったファンの方々(住所が含まれた手紙をいただくこともあるので)など、約300枚ほどですが、そういった小さなことから伝わればいいなと思っているんです」

「『AV女優として何年もこの業界で必要とされるために私には何が必要なんだろう』と、時々考えることがあります」

「撮影中は男優さんのことを好きな人と重ねてみる。『自分がしてほしくないことを、相手(男優さん)にはしない』。それが撮影中に徹底している『マイルール』でもあります」

「『自分は契約を交わされた商品』なのだと身をもって知りながら、1本1本に思いを込めて撮影に挑んでおります(ぺこり)」

 そこには周囲からの期待に応えるため、そのために必死であまりに従順な紗倉の姿が浮かんでくる。認められたい。必要とされたい。そんな紗倉は自分を殺しているようにも見える。実際、紗倉はこんなことを書いていた。

「(AV女優は)生き残りをかけた競争社会だからこそ、私の唯一の武器である気づかいは、この先もずっと忘れないようにしたいなと思っています」

 唯一の武器が気づかい。それを自らが語ってしまう痛さ。それは自分の自信のなさからだと紗倉自身も自覚している。

「最近では作品を重ねるごとに、自分にどんどん自信がなくなってしまっているような気がします」

 自己評価が低く、常に不安に襲われる。そのための、さらなる気配り──。これはまさに過剰適応そのものではないのか。

「業界で必要とされる」「ファンの方から求められる」「こんな根暗な私」「親しみやすい女優さんでいられたら」

 紗倉の言葉は自分を卑下する一方、常に周囲を気にし、ファンや男優、スタッフや関係者への感謝やリスペクトで埋め尽くされる。そして認められ、褒められるためには、何にでも応じようとする紗倉。実際AVの仕事でも野菜を使ったオナニー、放尿、白目を剥いて痙攣、求められるままサービス満点に応じている。

 自分をもっと認めて! そんな紗倉の悲鳴と裏腹な明るさはちょっと辛くさえある。そして一転、少しでも自分が認められない、裏切られたと思ったときの心境を紗倉はこう綴っている。

「イベントで、ファンの方が他の女優さんを好きになっているのを知ってしまう瞬間もあるし、「それは仕方ないことだよね」なんてわかっていても、どうしても裏切られたような寂しさに包まれてたまらない気持ちになることもあります」
「(恋人との関係で)「体の関係はあるけど、少しの好意もない」というのは許せるけど「体の関係はないけど、心で結びついている」というなら許せない」 

 謙虚だったはずの紗倉から突然発せられる「許せない」という言葉は過剰なまでの『自分だけを見てアピール』とも思える。しかも紗倉は、同性である"女性"が苦手らしい。

「同じ年くらいの女の子とどういった話をすれば盛り上がるの? (略)自分の存在を消すことに徹しようとするコミュ障ぶり」
「一緒に写真を撮っても、その子の映りが一番良いものを選ぶが故にひどい写真をアップされてしまうこともあったりする恐ろしさ」
「小学校・中学校だった時の女子同士のやり取りを思い出します(わたしゃ戻りたくないね!)」

 過去において、同級生や女友だちとの関係で相当嫌な思いをしてきたのだろう。自分の写りを優先し紗倉の写りが二の次になるのも、必ずしも友人の悪意ではなくよくあることにも思えるが、紗倉はそうは思えない。

 自分のことを認めて欲しい。褒めて欲しい。そのためには何でもする。でもここまで努力をしている自分を認めないで他の人を褒めるのは許さない! 同性はすぐに裏切るから嫌い──被害妄想と過剰適応、それが本書に描かれる紗倉の痛々しいまでの姿だった。

 そう考えると冒頭での「ハニートラップ」「売名行為」という紗倉への批判は的外れに思える。芸能界の大物であるさんまが自分をお気に入りだと言って認めてくれた。そんな人の誘いを断るわけにはいかない。嫌われたら怖い。自分を必要とされるなら何でもする。もっと認めて欲しい。褒めてほしい。そんな心理が働いたのではないか。

 ちなみに、本書は紗倉のこんな言葉で締めくくられている。

「本名の私はおどおどしてて内気で、自分のいいたいこともまともに伝えられなかった。でも、紗倉まなはAV業界という世界の中で、必死に『自分の思いを伝えなくちゃ』ともがきながら生きている。そうやって死に物狂いで頑張れる業界だからこそ、自分という存在をようやく認めてあげることができたのかもしれません」
(林グンマ)