パワータイプの「インパクトドラゴン・R」

写真拡大

タカラトミー(東京都葛飾区)は、次世代ゴム銃「Gショット」を2015年1月24日に、直販サイト「タカラトミーモール」および全国の玩具販売店などで発売する。価格は各1500円(税別)。

昔ながらの「ゴム鉄砲遊び」を現代風にアレンジ

割りばしを組み合わせてつくる、昔ながらの「ゴム鉄砲遊び」に着想を得て、「ベーゴマ遊び」や「ビー玉遊び」を現代風にアレンジしてきた同社のノウハウを生かし開発したという。

スライド、装填、発射を繰り返し、連続して撃てるよう、「マガジン」を採用した。マガジンに専用の輪ゴム「ゴムバレット」をセットし、スライドを後ろに引くことでゴムバレットが装填。トリガーを引くとガツンという衝撃とともにゴムが発射される。同時にマガジンが自動回転、次のゴムを装填できる仕組み。子供だけでなく大人もハマる爽快感があり、親子で楽しめるという。

ロングマガジン搭載で、強力なショットが可能なパワー型「インパクトドラゴン・R」。手ブレが少なく精度の高いショットが可能なスナイパー型「スナイプドラゴン・B」の2ラインアップ。