鹿児島県「鹿児島は黒」黒由紀姫ポスター

写真拡大

鹿児島県が、薩摩大使であるAKB48の柏木由紀さんを起用し、「黒」とつく名産の多い鹿児島の魅力をPRするキャンペーン「鹿児島は黒」を開始。

第一弾として、特設ページを開設、スペシャルムービー『黒由紀姫(プリンセストーク ぶとうかい篇)』を公開した。

真っ黒のドレスに身を包み、白雪姫ならぬ「黒由紀姫」に扮した柏木由紀さんは、友だちのシンデレラからの相談を受けてついつい鹿児島をプッシュしてしまうお姫様を演じている。キュートながら、ブラックジョークが効いたムービーに仕上がっている。



黒豚、黒牛、クロマグロ、鹿児島県は黒王国!


黒由紀姫


鹿児島には、黒豚、黒牛、黒さつま鶏、クロマグロ、黒砂糖・黒糖焼酎、黒酢のような食材や、黒薩摩(薩摩焼)、薩摩黒切子(薩摩切子)といった伝統工芸品に黒い名産品が数多くあることに着目、2015年「鹿児島は黒」キャンペーンを開催することとなった。

鹿児島県出身の柏木さんは、2011年から同県のキャッチコピー「本物。鹿児島県」のイメージアップキャラクターを務め、2012年からは薩摩大使に就任。鹿児島の魅力を発信している。

同キャンペーンでは、柏木さんが登場する「かごしまの“黒”ハンドブック」を作成し、順次配布。黒食材や、伝統工芸品について、その魅力を分かりやすく解説するほか、「黒を巡る」旅のプランなども提案。全国の百貨店・量販店での物産展や主要観光施設、県外事務所等に設置される予定だ。

鹿児島県公式PRキャラクター・ぐりぶーたちがポスターに散りばめられているなど、鹿児島愛あふれるキャンペーンとなっている。