吉田、顔面負傷の森重を心配するも「日本一タフなDFなので大丈夫」

写真拡大

 AFCアジアカップ オーストラリア2015のグループリーグ最終節が20日に行われ、日本代表はヨルダン代表と対戦。日本は24分、FW本田圭佑の3試合連続ゴールで先制すると、82分にMF香川真司が追加点を挙げ、2−0で勝利した。

 同試合でフル出場したサウサンプトン所属のDF吉田麻也は、「(香川)真司にとっても重要なゴールだったと思うし、チームにとっても重要なゴールだった」と、香川が決めた追加点に満足を示した。

 試合中、FC東京のDF森重真人が相手と接触し、一度は治療と診断のためピッチの外に連れ出された。そのことについて問われた吉田は「たぶん日本のDFのなかで一番タフな選手なので問題ない」と簡単に答えると、「なんとか最後まで踏ん張ってくれて、無失点でしのげたので嬉しかった」と、無失点に抑えられた勝利に満足を示した。さらに、「口から血が出ていたので大丈夫かなと思った」と、森重を心配していたと明かすが、「日本で一番タフなDFなので大丈夫(笑)」と再び強調した。

 ヨルダンに勝利し3連勝でグループD首位突破を決めた日本代表。吉田は「本当に強い相手と戦うのはこれからだと思う」とし、「ここからまた無失点できるかどうかが評価の分かれ目だし、勝敗の分かれ目にもあると思うので、気を引き締めてやっていきたい」と、決勝トーナメントでの戦いに意気込みを語った。

 日本代表は、23日に行われる準々決勝でUAE代表と対戦する。