先制点に絡むも自身のプレーを反省…乾貴士「結果を出したかった」

写真拡大

 AFCアジアカップ オーストラリア2015のグループD第3節が20日に行われ、日本代表はヨルダン代表と対戦。日本は24分、FW本田圭佑の3試合連続ゴールで先制した。その後チャンスを決めきれずに苦しんだが、82分にMF香川真司が追加点を挙げ、2−0で勝利を収めた。

 試合後、先発出場したMF乾貴士は「勝てたことは本当によかったですし、無失点も本当によかったと思います」とコメント。その一方で「個人的にはまだまだできなかった部分が多かったです。イエローをもらってしまいましたし、やはり結果を出したかったです」と自身のプレーについて反省していた。

 本田の先制点に繋がるFW岡崎慎司のシュートシーンを作り出したパスに関しては「もらった時は何も考えていなかったです」と振り返り、「オカチャン(岡崎)が瞬間的にいい動きをしてくれたので、いいタイミングで出せたかなと思います」と語った。

 また、日本はグループリーグ3連勝で首位通過を決めたが、乾は「決めるところでもっと決めないといけないです」と主張。23日に行われるUAE代表との準々決勝に向けては「予選リーグは終わったことなので忘れて、中2日という厳しい日程ですけど、しっかりUAEに勝てるように準備していきたいです」と意気込みを示した。