抜群の嗅覚でこぼれ球に詰めた本田「非常にいい形で反応できた」

写真拡大

 AFCアジアカップ オーストラリア2015のグループリーグ第3節が20日に行われ、グループDで日本代表はヨルダン代表と対戦し2−0で勝利した。試合後、先制点を挙げたミラン所属のFW本田圭佑が記者団の取材に応えている。

 3試合連続で得点したことについて、本田は「よかったです。いいところにこぼれて来たんで」と、素直に喜びを表した。

 最早“本田ゾーン”とも言えるペナルティエリア右の位置。これについては「いや、そう言われるくらい取らないといけないと思います」と、自信があるからこそ好機は逃せないと明言。「イタリアでも代表でもああいうゴールが増えてくれば、相手にとって怖い選手になれる」と、同様のプレーを続けることが、今後の活躍につながると話している。

 得点シーンでは、MF長谷部誠からパスが出た時点でゴール前に走り出していた。瞬間的にこぼれ球に反応できたことについて「満足できるものではないですけど、あのシーンに限っては非常にいい形で反応できた」と、自身の狙いがハマったことを明かした。

 一方で、「いくつか心残りがある」と一言。「チャンスになっていないところでも、反応していればチャンスになったなと感じた場面もあった」と改善点を挙げ、「今日もビッグチャンスは少なかったですから、それを増やしていけるようにいい動き出しを続けたい」と、決勝トーナメントではさらに多くのチャンスに反応し、得点を量産すると誓っている。

 グループリーグでの3試合を終え、セスノックで事前合宿をしていた時のチームと今のチームを比べ、「あまり評価しすぎるのはよくないですけど」と前置きしつつも「明らかにこの数日間でよくなってきている」と、チームの成長をひしひしと感じているようだ。

 日本代表はグループDを首位で通過。23日に行われる準々決勝でUAE代表と対戦する。