アギーレジャパンとなって初ゴールを挙げた香川。だが、本人もアギーレ監督も視線は次のUAE戦を向いていた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

――今日の試合について、率直な感想をお願いします。

【ゲームPHOTOギャラリー】日本 2-0 ヨルダン
 
アギーレ監督
「非常に強度の高い戦いだったと思います。我々の最高のプレーが要求されたゲームでした。しかしそこで相手を上回るプレーができ、得点も取れました。(日本は)次のステージに進むに値する戦いを披露したと思います」
 
香川
「すごくタフなゲームでした。相手も相当激しくきてたので、前半に先制できたことは試合を進めやすくしたんじゃないかなと思います」
 
――代表戦で久しぶりのゴール。なかなか取れなかった時の想いと、これからの自分に期待したいことは?
 
香川
「素直に嬉しかったです。ただ、一番重要なのはチームの勝利ですし、それは自分にも言い聞かせたい。自分のゴールはそれがあってのことなので。でもゴールに対して仲間もすごく喜んでくれて、嬉しく思います。次の試合もすごくタフな戦いになりますし、もう負けられない。切り替えて、勝つための準備をしたいと思います」
 
――3試合無失点で決勝トーナメントに進出しました。守備に対する監督の評価を教えてください。
 
アギーレ監督
「DFだけでなく、チーム全体で良いディフェンスができています。(香川)真司が言ったように、勝利も重要ですし、無失点だったことも重要です。これから難しいゲームが続きますが、無失点を続け、攻撃では得点を重ねていきたいと思っています。
 日本は優勝候補と言われており、グループリーグでは首位になりました。コパ・アメリカ、ワールドカップ、そしてゴールドカップを戦った私個人の経験から言えば、グループリーグを突破した8チームはまったく同じチャンスを持っています。なので、ここからはもう一度、ゼロから始めなければいけません。相手に敬意を払い、これからも同じように戦い続けていきます」
 
――(準々決勝の相手である)UAEの3試合を見て、中盤についてどのように感じましたか?
 
アギーレ監督
「10番は素晴らしい選手です。ヨーロッパからも注目されている、高い強度を持っている選手だと思いますが、ひとりでゲームを勝つことはできません。UAEはチームとして勝ち上がってきており、すべての選手に気をつけないといけません」
 
――2点目は非常にシンプルな攻撃でした。しかし試合を通して見ると、自分たちで難しくしているように感じました。監督は攻撃のシンプルさについてどのように考えていますか?
 
アギーレ監督
「それに関しては、相手のことも考慮しなければなりません。相手が我々にプレーさせなかったという状況でした。ただ、もう少し早い時間で2点目を取れれば、より楽な展開に移すことができたかもしれません。しかし、形は作っていたと思いますので、選手たちにこれ以上要求することはできません」
 
――ここまでの香川選手のプレーと、インサイドハーフとしての適性をどう見ていますか?
 
アギーレ監督
「彼はたくさんのものを兼ね備えた選手ですので、インサイドハーフのポジションだけではなく、その外側、内側、より前、より後ろと複数のポジションをこなすことができると思っています。そして彼の役割に関しては、アシストがメインだと思っていますが、私は『もっとペナルティエリアに入ってシュートを打ってほしい』とも要求しています」
 
――日本が大会を連覇するために必要なものと足りないものは?
 
アギーレ監督
「日本は3試合を通じて成長していて、次のゲームではさらに良いプレーができるはずです。タイトルを獲るためにはそういったことが必要かなと思いますが、先ほども話したように、あと7チーム、質の高いチームがありますので、タイトル防衛は簡単なことではありません。ですので、我々は今後もどうすればプレーを向上させられるかを考えたいと思います。
 フィジカル的にもメンタル的にも非常に良い状態であると思っていますから、対レフェリーにナーバスにならないなど、規律のところで問題がないようにしたいです」