積極的に得点を狙った岡崎、試合を振り返り「もっと脅威になれる」

写真拡大

 AFCアジアカップ オーストラリア2015のグループD第3節が20日に行われ、日本代表はヨルダン代表と対戦。日本は24分、FW本田圭佑の3試合連続ゴールで先制した。その後チャンスを決めきれずに苦しんだが、82分にMF香川真司が追加点を挙げ、2−0で勝利を収めた。

 試合後、先発出場したFW岡崎慎司は「積極的にシュートまではいけました。ただ、最後のところでこじ開けることができれば、もっと脅威になれると思います」と自身のプレーを振り返った。

 また、岡崎は「1試合目、2試合目より自分で強引に行く場面もあったので、そういう部分はプラスかなと思います」と主張。自身は無得点に終わったが「自分のシュートがゴールにつながったということもあるので、あんまり落ち込んではいないです」と語った。

 前線の中央でプレーしていることについては「皆、やっぱり点は取りたいと思うんですけど、真ん中はうまく使ってもらったりしないといけないです。ただ、ターンできたりもするので、そういうところではチャンスになると思います」とコメント。さらに「自分の中では、頭で考えるよりは今日みたいにがむしゃらに動いてゴールチャンスを作っていくのは1つのパターンになっていいのかなと思います」と述べていた。

 勝利した日本はグループ首位通過が決定。23日に行われる準々決勝でUAEと対戦する。