待望の得点で勝利に貢献の香川「みんなが喜んでくれるから戦える」

写真拡大

 AFCアジアカップ オーストラリア2015のグループリーグ最終節が20日に行われ、日本代表はヨルダン代表と対戦。日本は24分、FW本田圭佑の3試合連続ゴールで先制すると、82分にMF香川真司が追加点を挙げ、2−0で勝利した。

 試合後、代表では9試合ぶりにゴールを決めたドルトムント所属の香川は「すごくみんなが喜んでくれたのは素直に嬉しかった」とコメントすると、「逆にそういうところで心配をかけてたって言ったら変ですけど」と、得点を決めていなかったことを気にしていた様子。

 そして、「まずはチームが勝つために自分も戦いたいですし、その次にゴールに絡むことが一番大事だと思う」と、チームの勝利に貢献できたことに満足を示すと、「またチームが勝つために自分も貢献できるように準備していきたいと思います」と次戦に意気込みを語った。

 さらに香川は、「今日もホントに沢山サポーターが入ってくれて、ホントにホームの雰囲気で試合をやれました」と観戦に訪れたファンに感謝のコメントすると、「試合後の横断幕みたいのもサポーターにこんなに応援されてるんだなって改めて感じました」と、ファンの支えを実感。「またみんなが喜んでくれたので、やっぱそれがあるから自分がこうやって戦えてるし、改めてサポーターであったり、チームメートの存在の偉大さってのを感じました」と支えてくれたファンやチームメイトに改めて感謝し、「謙虚にまたやっていきたいと思います」と語った。

 勝利した日本はグループD首位通過が決定。23日に行われる準々決勝でUAEと対戦する。