前線で起点になる岡崎は、周りを活かすだけでなく、シュートの積極性も増してきた。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 ヨルダン戦は、安定した試合運びで実力差どおりに勝ち切ったね。ヨルダンは激しさしかないチームだった。カウンターを狙っていたようだけど、日本はスペースを空けずに上手くいなしていたよ。それに、相手が激しくディフェンスしてきたから、逆に日本は一人ひとりがボールを簡単に叩いてパスワークにリズムが出ていた。先制してからも、上手くパスを回してリズムを渡さなかったし、先の2試合で連勝してグループ1位という優位な立場を活かせていたよ。

【ゲームPHOTOギャラリー】日本 2-0 ヨルダン
 
 まあ、アジアカップのグループリーグは、勝ち上がって当然なんだ。他のグループを見ても分かるけど、どこも強豪と言われるチームが順当に突破しているよね。サプライズと言えるのは中国くらい。なんだかんだで、韓国やオーストラリア、イランあたりは磐石だ。日本もアジアレベルであれば、勝って当たり前なんだ。
 
 改めて試合内容を振り返ると、左サイドが機能していたね。乾が良い仕事をしていたし、そこに絡んで行く長友も悪くない。日本が作ったチャンスは、ほとんどが左サイドからだ。逆に右サイドは高徳が上手く攻撃で機能していなかった。ハードワークはできる選手だけど、もうアイデアもほしいね。
 
 本田が3試合連続でゴールを挙げたり、香川がようやくゴールを決めたりと、前線に当たりが出ているのはポジティブな材料だ。ただ、一番評価すべきは、岡崎の働きだと思うよ。
 
 岡崎は、まるで“戦車”のようだ。前線で身体を張り、広範囲に動いて起点になっている。岡崎が相手のディフェンスをなぎ倒して道を作っている。それで空いたスペースを2列目の選手が使っているから、攻撃が機能しているんだ。岡崎と交代で入った武藤はスピードがあるけど、身体を張って起点になれる選手ではない。岡崎がいなくなったら、日本は大変なことになりそうだから、このままコンディションを保ってくれるといいね。
 
 次の決勝トーナメント1回戦の相手はUAE。ここから一発勝負の負けられない戦いが続く。グループリーグのようにバックアップをテストするのは難しいだろう。その意味では、目立った切り札が出てきていないのは気がかりだよ。清武は計算できるけど、武藤や柴崎は、この先の舞台でどれだけできるか未知数だし、今野の状態も心配だ。
 
 それに、安定した戦いができているがために、リードされた展開を経験できなかったのも少し気にはなる。もちろん、このまま無失点で優勝までかけ上がれればベストだ。でも、この先は実力が拮抗した相手が待ち構えているから、グループリーグと同じような戦いができるとは限らない。当然、リードされる展開だってありえるんだ。
 
 その時に、どうやって試合の流れを引き戻すのか。リードしている展開とは違ったゲーム運びが求められる。例えば、焦って前がかりになり、カウンターを喰らうような場面は見たくないね。このあたりのさじ加減は今大会では未経験なだけに、ピッチ内の選手の動向はもちろん、アギーレ監督の采配にも注目する必要があるよ。