待望のアベックゴールを喜ぶ本田「真司が取れたのは良かった」

写真拡大

 日本代表は20日、アジア杯グループリーグD組第3節でヨルダン代表と対戦し、2-0で勝利した。前半24分にFW本田圭佑の3試合連続ゴールで先制すると、後半37分にはMF香川真司が今大会初ゴールを決めた。D組は日本が3連勝で1位通過。2位にはパレスチナを2-0で下したイラクが入った。日本の準々決勝は23日、C組2位のUAE代表と対戦(日本時間18時30分キックオフ)。イラクは同日、C組1位のイランと対戦する。

 両エースの競演。日本は理想的な勝利を挙げて、決勝トーナメント進出を決めた。

 まずは本田だ。前半24分、MF乾貴士の縦パスから岡崎がシュート。GKに弾かれたが、右サイドから詰めた本田が難なく流し込み、先制点を奪った。2試合連続PK弾から3試合連続ゴール。「それに関しては非常にうれしい」と話した本田は、「チームメートに感謝したい。これからもチャンスを待って、良い準備をして、決めていきたい」と意欲的に語った。

 そして香川だ。なかなか追加点を奪うことが出来なかった日本だが、後半37分、カウンターから途中投入されたFW武藤嘉紀が左サイドからチャンスを作ると、クロスを中央に飛び込んだ香川が合わせて、ヨルダンを突き放す。「武藤がすごくいいボールをくれた」。背番号10の待望の今大会初ゴール。本田も「チームとして1点でも取れるのはいい雰囲気になりますし、今日、真司が取れたのは良かったなと思います」と喜んだ。

 次戦は中2日で迎えるUAE戦。敗れれば即敗退。延長、PK戦も想定しながらの戦いが始まる。「次も中2日ですから、今日の疲れをまずは取りたい」と気を引き締めた本田。「次の3試合に行けるか分からないけど、ここまで3試合を危なげなく戦えたことは、4年前とは大きく変わったというか、大きく成長したところだと思う」と話した自信を胸に、23日からの決勝Tに臨む。