公式サイトより

写真拡大

東京・銀座の画廊で開催中(2015年1月24日まで)されている体感型展示イベント「怨念ガールズ アパートメント 〜秘密の花園 内覧会〜」が、密かに話題を集めている。

特殊メイクや美術道具などの特殊造形を手がけ、テレビドラマや映画などにも参加している企業「LINK FACTORY(リンクファクトリー)」(東京都立川市)が手がけたイベントスペースは、「『今イチバン祟ってる娘』たちが暮らすシェアハウス」ということで、ちょっぴり不気味で「とびっきり心地良い時間」を楽しめるという。

その異空間を体験してきたという人たちの反響を見てみよう。

うれしい特典も

「怨念ガールズおもしろかった!!怖かったけど」
「実際会ってみると皆可愛いよ!!私もアパートメントの住人になりたい」

その独特の世界観ゆえ、見る人を選んでしまう展示ではあるものの、その魅力に惹きこまれたという報告が多く、中には「泣きそうになりながら」鑑賞したという人も。

「展示かと思いきや体験型お化け屋敷」との意見もあり、やはりホラー要素は強めのようだ。

「細かいところまで作られてたしちょっとびっくりするけどまた行きたくなる」
「どの子も独創的で迫力のあるデザインで、すごい!」

と、クオリティーの高さに満足との声が多かった。

「トートバッグとポストカード貰った。また行きたい」との通り、イベントの展示を行っている銀座、ヴァニラ画廊のツイッター公式アカウントによると、「アパート内のミッションをクリアした方にはLINK FACTORY製の『綺麗になれる』トートバッグをプレゼント☆(先着順)」と、うれしい特典だ。

「基本的にはグロテスクだけどどこか可愛げがあるキャラクターたち。刺激をもらいました」ということで「こわかわいかった」という、その特別な体験を味わってみては?

見学料は1600円(税込)。

中学生未満は入場できないので注意が必要。