日本vsヨルダンの観戦チケットが完売…今大会4試合目の売り切れ

写真拡大

 20日に行われるアジアカップ・グループリーグ最終節で、グループDの日本代表はヨルダン代表と対戦する。この試合の観戦チケットが完売したと、大会公式サイトが同日に発表した。

 同大会組織委員会のCEO(最高経営責任者)を務めるマイケル・ブラウン氏によると、今大会の観戦チケットが売り切れた試合はこれで4試合目。これまでにチケットが完売となったのは、9日に行われた開幕戦のオーストラリア対クウェート、17日開催のオーストラリア対韓国、18日の中国対北朝鮮の3試合であった。

 ヨルダン戦の会場となるメルボルンのスタジアムは、最大収容人数3万人と、今大会の試合が開催されるスタジアムの中で4番目の規模を誇る。

 また、ブラウン氏は同サイト上で以下のコメントを発表している。

「まだ1試合も会場に来ていないオーストラリア国民に1つだけ言えることがある。実際にスタジアムに来て雰囲気を体験してほしい。ピッチ上のクオリティと、スタンドの創りだす雰囲気は衝撃的なものだ。これは今週末に大会が決勝トーナメントに突入しても、変わらずに素晴らしいものであるだろう」