デザイン一新でさらに低燃費に

写真拡大

マツダは、シンプルでスタイリッシュな軽自動車の新型「マツダ キャロル」を2015年1月30日に発売する。

低燃費と低価格を特徴とする軽自動車で、全面改良によってシンプルかつスタイリッシュなデザインに一新した。全高を低くし、フロントからリヤまでクールで流れるようなスタイルを実現。デザイン性と機能性を両立させたインテリアとボディカラーは新色の「シフォンアイボリーメタリック」「ピュアレッド」を含む全7色を設定した。

車両重量の軽量化と燃費性能の向上によりJC08モード燃費でリッター当たり37.0キロメートルを実現。さらに燃費向上に貢献する「エネチャージ」「アイドリングストップシステム」「エコクール」をCVT車に標準装備した。全車がエコカー減税の免税対象になっている。

運転席シートヒーターをCVT車に、助手席シートヒーターを4WD車に標準装備、フロントドアに中間2弾ストッパーを採用するなど快適な車内装備を実現。

全車にコーナー走行で安全性を高める「DSC(横滑り防止機構)&TCS」、CVT車にはレーザーレーダーで低速走行時の衝突を回避、軽減する「レーダーブレーキサポート」を標準装備し、安全性を強化した。

全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、マツダオートザム系販売店と通じて発売。

メーカー希望小売価格は、84万7800円(税込)〜112万3200円(同)。