杏

写真拡大

長編アニメーション映画『百日紅 〜Miss HOKUSAI〜』が、5月に全国で公開される。

【もっと写真を見る】

同作は、江戸風俗研究家、文筆家としても活動し、2005年に逝去した漫画家・杉浦日向子の『百日紅』が原作。葛飾北斎の娘で23歳のお栄が、父・北斎や妹、仲間たちと共に浮世絵を描きながら自由闊達に暮らす様子を、江戸の四季を通して描く。

監督を務めるのは、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』『河童のクゥと夏休み』『カラフル』などの原恵一。Production I.Gとタッグを組み、杉浦作品初の長編アニメーション化に挑む。また、主人公・お栄の声を長篇アニメーション作品の声優に初挑戦する杏が務める。

原作のファンだったという杏は、声の出演のオファーを受けた際の感想として「声のお仕事に興味があり、いつか挑戦してみたいと思っていたところ、主演、それも昔からファンだった杉浦日向子さんの作品ということで大変驚きました」とコメント。また、これから行われるというアフレコについて、「様々な要素が盛り込まれた、杉浦日向子の世界がそのまま映像化されます。軽妙洒脱な会話のやり取りも楽しみです」と期待感を表している。

なお原監督は、「制作当初、コンテ作業のタイミングから、お栄を杏さんに演じて頂きたいと考えていました。ドラマ『キルトの家』が役者としての杏さんを意識するきっかけになり、その後も自然な演技が印象的な方だなと思っていました。一方で、バラエティ番組で豪快な負けっぷりをされている姿を拝見し、落ち着いてどっしりとしていらっしゃるが、少し風変わりでおもしろい女性だなと思いました。また歴史好きというところから、杉浦さんがお好きなのではと思い、今回のオファーに至りました」と杏の起用理由を語っている。