FOOD意外と知らない油の力3

“魚を食べると頭が良くなる”はオメガ3系油のEPAやDHAのおかげ!?

前回のお話で、積極的に摂るべき油があることがわかりました。今回はその積極的に摂るべき、オメガ3系の油についてもっと詳しく守口徹先生に解説していただきました。オメガ3系の油には、驚くべきパワーがいっぱいです。

世界も注目するEPAとDHAの力

前回お話しましたが、“オメガ3“”の油は、体内で作ることができません。

オメガ3系の油は、摂取すると体の中で、“EPA(エイコサペンタエン酸)”“DHA(ドコサヘキサエン酸)”に変わります。

このEPAとDHAの名前は、聞いたことがある方も多いことでしょう。

これらは、関節や軟骨の健康、美肌、血液サラサラ効果、心肺機能の安定、中性脂肪値の安定、血管の保護、神経系や脳の機能促進、うつや認知症などのケア、アレルギーや糖尿病予防など、その効果はさまざま。世界的に研究が進められている油なのです。

 

また、イギリスのインペリアル・カレッジ・ロンドン脳栄養科学研究所所長のM・クロフォード博士は、「魚を食べると頭がよくなる」と著書で発表したことで話題になり、世界的にEPAやDHAが注目されています。

魚を積極的に摂取。難しい人はサプリで摂取

メディアでは、オメガ3系の油というと、シソ油や亜麻仁油といった油での形状のものが紹介されていますが、理想的なのは魚です。

オメガ3系の油で摂取すると体内に入ってからEPA、DHAに変化されます。

でも魚の場合は、すでに魚が貯蔵しているEPAやDHAを直接摂取することができるの吸収のプロセスがより効率がよいと言えます。

特に青魚に多く含まれるので、サバ、アジ、さんま、マグロなどがおすすめです。

生がいいので刺身でいただくのがいいですが、加熱してもEPAやDHAは魚の身に含まれていると比較的、熱にも安定するので、そんなに気にしなくてもいいでしょう。

 

ほかには、サバやサンマなどの水煮缶を使うといいでしょう。このとき、別の油を加えていないことを表示で確認を。水と魚だけを使っているものを選んで、汁までいただけば、EPAやDHAも摂取できます。

 

忙しくてなかなか調理できないという人は、サプリメントでEPAやDHAを摂取するのもいいでしょう。だいたい,1日の摂取量で魚食1食分になります。

 

 


この記事の監修
守口徹(もりぐち・とおる)

【略歴】麻布大学教授
東京大学薬学部で博士号を取得後、客員研究員として、米国国立衛生研究所にて、油と脳の関係について研究。日本脂質栄養学会副理事長。国際脂肪酸・脂質学会(ISSFAL)理事。

LET'S TRY 即実践のコツ

積極的に摂るべきオメガ3系油の摂り方

  • 01.効率よく摂るには魚食を増やすといい

  • 02.魚は、アジ、サバ、マグロなどの青魚を選ぶ

  • 03.食べるなら生が理想的。サバの水煮缶もオススメ

  • 04.食で補えない場合は、EPAやDHAのサプリで摂取