「adizero takumi sen boost」

写真拡大

アディダス ジャパンは、ランニングシューズ「adizero takumi sen boost(アディゼロ タクミ センブースト)」と「adizero takumi ren boost(アディゼロ タクミ レンブースト)」を2015年1月26日に発売する。

高いフィット感と耐久性を実現

多くのトップアスリートにシューズを提供し、04年に「現代の名工」の表彰を受けた三村仁司さんと共同開発している「adizero takumi」シリーズ。

3代目となる「sen boost」と「ren boost」は、反発力が高い素材「BOOSTフォーム」を小指付け根部分から前足部のミッドソール(靴底と中敷きの中間部分)に採用。蹴りだしの推進力を高め、よりスピードが出る構造になった。

日本人のために開発された3D形状の「マイクロフィットラスト」を採用。足の動く幅に合わせて必要な分だけ伸び、元の形状に戻るのが特長。高いフィット感と耐久性を実現した。効率よくエネルギーを伝達し、リズミカルなランニングをサポートしてくれる。かかと部分は薄くて丈夫な素材である、熱可塑性ポリウレタンエラストマーで補強し、足当たりが良い。

靴底の前足部には、「コンチネンタルラバー」を採用。従来のラバーに比べ、ぬれた路面で約39%、乾いた路面では約32%もグリップ性が向上した。

「sen boost」は、「ren boost」よりも軽いのが特長。「ren boost」は、「sen boost」よりもかかとのクッション性に優れている。

価格(税別)は「sen boost」が1万6500円、「ren boost」が1万5500円。