©2015 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

写真拡大

現代美術家の村上隆さん率いるアートカンパニー・カイカイキキ、及びアニメスタジオ・PONCOTAN、そしてGENSHIMON(カイカイキキ現代視覚聴覚芸術制作部門)の制作するプロジェクト「6HP」が、TVアニメ『6HP Six Hearts Princess』として2016年に放送されることが発表された。ビジュアル制作は美術家/イラストレーターのJNTHEDさん。

このキービジュアルは美術雑誌『美術手帖』にて発表され、現代アーティストによるTVアニメ作品という異色の発表とあって、話題を呼んでいる。キャラクターデザイン・作画監督にはイラストレーターとして熱烈な支持を集めるmebaeさんがクレジットされている。

村上隆さんがかねてより進行させていた肝入りプロジェクト


TVアニメ化が決定した『6HP』だが、これまでに何度も様々な媒体で展開が行われてきた。

6HP(シックスハートプリンセス) PV



初出は2010年に行われた、ヴェルサイユ宮殿での村上隆さんの個展で上映された短編映像『Six♡Princess』。

また、2014年にはコスメブランド・shu uemuraとのコラボレーションアイテムの発売やPVの公開、世界最大のガレージキットのイベント「ワンダーフェスティバル」への出展、さらには演劇・ダンス・ショーケース・撮影会で構成されるコスプレパフォーマンスステージ 「6HP 起・承・転・結」の4部作(「結」は未上演)の展開など、様々な場で精力的にプロダクトを発表していた。

6♥Princess by Takashi Murakami for Shu Uemura



いずれも共通するのは、まだ完成していない「村上隆監督の魔女っ子3DCGアニメーション作品」を題材としている点だが、今回発表されたキービジュアルはこれまで公開されてきた愛くるしいキャラクターとは似ても似つかない、重厚感と凄みのある妖怪のような侍をモチーフにしたイラストとなっている。

村上隆さんは、2013年には初監督作品として、実写とCGを融合させた映画「めめめのくらげ」を制作。今回発表されたアニメ作品ではどのような動画表現の追求が行われるのか、楽しみだ。