広島県のカキ打ち場で9人殺傷事件の初公判 出廷前に暴れ本人不在

ざっくり言うと

  • 2013年に広島県のカキ打ち場で、9人を殺傷した罪に問われている中国人の男
  • 19日の初公判は、出廷前に男が暴れたため、本人不在のまま行われた
  • 弁護側は、当時は心神耗弱状態で責任能力は限定的だと主張している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング