ナッツリターン事件の初公判で航空保安法の適用を巡り主張が対立

ざっくり言うと

  • ナッツリターン騒動を起こした大韓航空の前副社長の初公判が19日、開かれた
  • 裁判では、航路の変更での航空保安法の適用を巡り、主張が対立した
  • 弁護側は滑走路が航路でないとし、航路を変更させた罪は成立しないと反論

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング