米陸軍が開発、パワードスーツをまとった「未来の兵士」

写真拡大

アメリカで、兵士とロボットを融合させる技術開発がすさまじいスピートで進んでいる。重装備でも長時間の行軍が可能な「ロボット兵士」。コンピューターの力を借りて、敵の存在を潜在意識で感知する「エスパー兵士」。NHKスペシャル「NEXT WORLD」取材班は、アメリカの陸軍研究所を訪ね、その最前線を追った。

「米陸軍が開発、パワードスーツをまとった「未来の兵士」」の写真・リンク付きの記事はこちら
WIRED、取材成果を独占公開!
現在、NHK(総合)にて放送されているNHKスペシャル「NEXT WORLD 私たちの未来」。『WIRED』では、番組の取材班が行った世界中の研究者や企業への広範な取材成果を、15回の連載記事として公開する(記事の一覧ページ)。今回は、番組第3回「人間のパワーはどこまで高められるのか」(NHK総合。1月24日〈土〉21:00より放送予定。1月26日〈月〉2:45より再放送予定)より、「Warrior Web Project」の最新レポートをお届けする。

2014年3月、サイバーダイン社が東証マザーズに上場して大きな話題を呼んだ。サイバーダイン社は、筑波大学・サイバニクス研究センターの山海嘉之博士による研究成果をもとに設立された企業で、同社の名を知らしめたのが、人体の動きを補助するパワードスーツ「HAL」の開発だろう。

関連記事:日本のパワードスーツ『HAL』デモ動画

人とロボットが合体するテクノロジー研究は、何も日本だけの専売特許ではない。アメリカでは、パワードスーツを軍事目的で利用する研究が盛んに行われている。

元来、米軍は軍事ロボット研究で世界をリードしてきた。たとえばボストン・ダイナミクス社と共同開発した、強力なパワーで生き物のように動く軍事用ロボット「LS3」や、人間の兵士の代わりに危険な場所に飛び込むためのヒト型ロボット「ATLAS」。戦闘を人間の手からロボットに委ねることがその目標だった。

しかし、現在の科学技術では、その移行はいまだ時期尚早であることがわかってきた。兵士のあらゆる能力を再現するには限界がある。そこで、新たに力を入れつつあるのが、人間とロボットを合体させた「スーパー兵士」の開発だ。

「ウォリアー・ウェブ・プロジェクト」(Warrior Web Project)。アメリカ国防総省で軍事技術のイノヴェイションを担うDARPA(Defense Advanced Research Projects Agency/アメリカ国防高等研究計画局)が推し進めるこのプロジェクトの目的は、「ウェアラブル・ロボット」技術によって兵士のパフォーマンスを高めることにある。そして、ハーヴァード大学など全米9つの研究機関がDARPAから資金援助を受け、日夜研究を重ねている。


TAG

ArmyDARPAExoskeletonNext WorldNHK
150119warrior01

ウェアラブル・ロボット「SuperFlex」の駆動装置。©NHK 2015

疲れを感じない兵士

同プロジェクトのもと、スタンフォード研究所(SRI)とアメリカ陸軍が共同開発したウェアラブル・ロボット「SuperFlex」は、その1つの成果だ。

クツに取り付けた高性能センサーが、足の動きを1,000分の1秒単位の正確さで捉えて、そのデータを兵士の背負ったリュックの中にあるコンピューターに送信する。次に、コンピューターは、足が地面を蹴る次のタイミングを予測し、ふくらはぎの駆動装置に指示。装置は、中にあるワイヤーをモーターで引っ張りあげ、地面を蹴り出す力を強力にアシストする。

40kgの荷物を背負って1時間歩き続けても、兵士は疲れを感じないという。研究者の1人はこう話す。

「システムは主に足首に働きかけます。踵が上がって地面から離れる時に足首を少し持ち上げ、歩行の動作をサポートするのです。兵士は普段より、負担を感じないでしょう。地面に接しているほうの足が補助されているからです。テストに参加した兵士の感想の大半は、非常にポジティヴなものでした」

防弾衣、リュックサック、ヘルメット、武器…、任務によってはPCなどの情報機器。歩兵が携行しなければならない装備は、最大で55kgほどにも達する。そこで足首や膝、腰などの関節をアシストして、エネルギー代謝を減らし、足にかかる力を軽減しようというわけだ。

小柄な女性兵士から男性兵士まで確実にフィットするようにシステムをつくり、いずれは陸軍兵士のおよそ90%にフィットさせることを目指しているが、それもこれも、軍事ロボット開発で培ってきた、最先端のセンサー技術や駆動システム、運動制御アルゴリズムがあってのことだ。

目指すは、『アイアンマン』

この開発責任者が、米メリーランド州にある陸軍研究所(Army Research Laboratory)のマイク・ラフィアンドラだ。

150119warrior03

陸軍研究所の開発責任者 マイク・ラフィンドラ。©NHK 2015

彼によれば、ウォリアー・ウェブ・プロジェクトの最終的な目標は、一般的なパワードスーツの研究と異なり、非常にユニークだ。体の動きや動き方を補助するだけでなく、歩いている間、「兵士にエネルギーを提供すること」を目指しているという。歩行周期の特定のポイントでエネルギーを注入し、兵士が移動に使うエネルギー総消費量を軽減することで、疲れを減らし、任務遂行能力を向上させるというのだ。

「ウォリアー・ウェブ・プロジェクトのことを息子に話したとき、彼は映画『アイアンマン』のようだと言いました。『そうかもしれないね』とわたしは言いましたが、実際には、その段階までは到達していません」

「しかし、前途は有望です。わたしの頭のなかでは、このようなテクノロジーはいずれ実戦に使われるようになると思っています。いまから30〜40年後に、これを装着している兵士の姿が想像できます。イメージしているのは極めて優れた運動選手のような兵士や、50kgの荷物を担いで何マイルも歩ける兵士です。兵士の能力を高いレベルにまで引き上げたいのです」

このウェアラブル・ロボット技術は、軍事利用以外にも幅広い可能性を秘めている。警察官や消防士の任務時に使用することや、障害者や高齢者のサポートに活用することも考えられる。仮にそうなれば、『アイアンマン』のような外観のスーツを着用した人々が街を歩く姿が見られるようになるかもしれない。

「装置はサイズやフィット感においてかなり柔軟でなければなりません。クツを考えてみてください、アメリカでは標準的なクツなら、15ほどサイズがあります。それと同様に、これらの装置も、あらゆる人々にフィットするよう、恐らく複数のサイズが必要になるでしょう。また、現在は、膝や足首あるいは腰をサポートするために下肢に重点を置いていますが、上肢に利用できる、あるいは全身に利用できる他のテクノロジーも実現可能だと考えています」


TAG

ArmyDARPAExoskeletonNext WorldNHK
150119warrior02

兵士の感覚を研ぎ澄ますことを目標にした、陸軍研究所の神経科学研究。©NHK 2015

兵士の脳のパワーを解き放つ

さらにアメリカ陸軍では、人間の脳に眠る潜在的な能力を解き放つ新たなテクノロジーの研究を始めている。

「兵士の身体能力を拡張するだけでなく、兵士の認識力を増強しようと試みる大規模な神経科学プログラムの研究も行われています。両方が組み合わされば、兵士の能力が高まります。いまの時点からすれば、信じがたいでしょうが」(ラフィアンドラ氏)

いま想定されているのは、兵士がまだはっきり気づいていない敵の姿を、コンピューターの力を借りて発見するシステムだという。

兵士の潜在意識が、なにか引っかかるものを感じたとき、コンピューターが瞬時に反応し、危険が潜んでいることを警告する。研ぎ澄まされた感覚をもつ、スーパー兵士の登場だ。すでに現場での使用を念頭に、ヘルメットに内蔵できる脳波計測装置の開発も進んでいる。

さらに、DARPAでは多くの兵士を苦しめている外傷性脳損傷による記憶障害を回復させるために、脳に特殊なチップを埋め込む研究も行われている。同時に、PTSD(心的外傷後ストレス障害)治療を目的として、埋め込まれたチップに無線でデータを送信する研究もスタートしたという。

インターネットも当初は、軍事用のネットワークとして研究されていた。しかしそれが、発展して民間に広く普及し、世界に大きなインパクトを与え、実際にわたしたちの生活を変えてしまったのだ。

ウェアラブル・ロボットやこうした脳へのアプローチがどのような「未来の兵士」をつくっていくのか、注視していかなければならないだろう。軍事利用を目的に進化し続けるテクノロジーは、わたしたちにいかなる未来をもたらすのだろうか。

現在放送中!
NHKスペシャル「NEXT WORLD 私たちの未来」

最先端の研究を続ける世界の科学者、企業などへの取材と、その研究をもとにつくられた近未来ドラマで構成。5回にわたり、ビジネス、医療、エンターテインメントなどの分野で日々出現する新たなテクノロジーをかみ砕き、紹介する。さらに、番組のテーマ音楽を手掛けるサカナクションが最先端の映像技術を駆使したライヴを行い、ライゾマティクスの設計による番組ウェブサイトとも連動して展開する予定(番組公式サイト)。

WIREDでは、取材班が追った内容を独占公開、全15回の連載記事をお届けする(記事の一覧ページ)。

全5回の放送内容
第1回 放送終了
「未来はどこまで予測できるのか」
第2回 放送終了
「寿命はどこまで延びるのか」
第3回 2015年1月24日(土)
「人間のパワーはどこまで高められるのか(仮)」
第4回 2015年1月25日(日)
「人生はどこまで楽しくなるのか(仮)」
第5回 2015年2月1日(日)
「人間のフロンティアはどこまで広がるのか(仮)」

TAG

ArmyDARPAExoskeletonNext WorldNHK