北里大学病院 静脈に入れるべき針を誤って動脈に刺して患者死亡

ざっくり言うと

  • 北里大学病院は19日、患者が死亡する事故が2013年8月にあったと発表
  • 静脈に入れるべき針を動脈に刺し、抗凝固薬を多く投与するミスがあった
  • 処置終了後、患者は低酸素脳症となり、11日後に多臓器不全で死亡したという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング