目玉焼きの黄身いつつぶす? NHKで放送の新感覚グルメアニメがDVD化。

写真拡大

昨年8月にNHK総合で放送された新感覚グルメアニメ「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」がDVD化され、3月11日に発売されることがわかった。価格は2,800円(税別)。

本作は、「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」「とんかつのキャベツ いつ食べる?」「カレーのルー どうかける?」など、食材や調理方法ではなく、“食べ方”に注目したグルメアニメ。食べ方にこだわる主人公が他人との食べ方の違いに苦悩する様子を、テンポよく盛り込んだギャグと独特なアニメーションタッチでコミカルに描いている。

原作はギャグ漫画家・おおひなたごうの作品。それを「やわらか戦車」などを手掛けるフラッシュアニメクリエイター・ラレコがアニメーション化した。

さらにアニメに加えて、お題となる食べ物が実際にどのように食べられているかを探求する実写コーナーでは、ケンドーコバヤシと壇蜜が登場している。

収録内容は「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」 「とんかつのキャベツ いつ食べる?」「カレーのルー どうかける?」 「ライス どうやって食べる?」「みかんの皮 どうやって剥く?」 「納豆 ご飯にいつかける?」「ちらし寿司にワサビ醤油かける?」「ショートケーキの苺 いつ食べる?」。

☆「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」ストーリー

主人公・田宮丸二郎は恋人のみふゆと初めての朝を迎える。幸せな気持ちをかみしめていた二郎だったが、朝食の「目玉焼き」が衝撃の事態を引き起こす。

二郎がいつも通り、つぶした黄身に醤油をたらし、白身と付け合わせをからめて食べていると、目の前で信じられないことが起きた…。彼女が黄身をつぶさずにまわりの白身から食べていき、最後に残った黄身だけを口に放り込むという荒技を披露したのだ。

彼女の食べ方に、思わず口をついて出てしまった言葉は「お前…バカか?」。気がついた時には、みふゆはいなかった―――。

この日を境に、食べ方の違いが気になってしょうがない二郎の、バカバカしくも、真剣で、ちょっとコミカルな日々が始まる。