タケ小山氏からインタビューを受ける山村プロ(撮影:ALBA)

写真拡大

<第3回 ALBA プロアマトーナメント 初日◇18日◇レイクウッドゴルフクラブ・西コース(男子プロ6,755ヤード、シニアプロ6,696ヤード、女性プロ6,065ヤード・パー72)>
 弊社主催「ALBAプロアマトーナメント」が神奈川県にあるレイクウッドゴルフクラブ 西コースを舞台に開幕。初日は貞方章男、重永亜斗夢、上平栄道の3人が4アンダーをマークして首位タイに並んだ。
4位Tの倉田珠里亜、ノーボギーも「80点くらいですね」
以下に、主要選手のコメントを掲載する。
宮瀬博文(3アンダー4位タイ)
「最後に凡ミスをしてしまった。距離を間違えてオーバーしてしまった。(まだ上位にいるので)300万取って帰りたいな(笑)」
室田淳(2アンダー10位タイ)
「いい天気だったね。久々のゴルフだったので、ショートゲームが悪かった。パターも良くなかったよ。連覇は狙いません(笑)」
福田真未(1アンダー15位タイ)
「契約メーカーが変わって始めての実践でした。ヘッドがとても打ちやすくて、あとは細かい部分を修正したり試したりしたいなぁと。そんなこともありショットは良かったですが、今日はパターが決まりませんでした。なんとか明日爆発したいです」
山村彩恵(2オーバー24位タイ)
「朝の5ホールが悪かった。グリーンが凍っていて硬く、アプローチの距離が合いませんでした。4オーバーまでいってしまったけど、そこから3バーディー。ショットが良くなったので、明日につながると思います。(ツイッターでウェアがかわいいとつぶやかれていましたが、今日のファッションのポイントは?)キャップとパンツを紺色で合わせて、胸の“Samantha Thavasa”の文字と襟を、同じ水色で合わせたのがポイントです」
<ゴルフ情報ALBA.Net>