アジア杯中に31歳迎えた長谷部「優勝して良い月にしたい」

写真拡大

 日本代表は18日午後、アジアカップ3戦目のヨルダン代表戦に向けて練習を実施。開催地のメルボルンでの初練習は約2時間で、冒頭15分のみ公開された。

 同日は長谷部誠の31歳となる誕生日。練習後、取材陣から祝福のケーキをプレゼントされる場面も見られた。強風でロウソクの灯が消えてしまうアクシデントもあったが、笑顔で吹き消した。

 昨年の誕生日は、負傷した右ひざの手術直後で入院中だった。今年は代表活動と重なったが、「アジアカップを戦っているときに誕生日を迎えられて非常に嬉しい」と喜んだ。今月は25日に今野泰幸、28日に遠藤保仁も誕生日を迎えることもあり、「1月は選手やスタッフで誕生日の仲間が多い。優勝して良い月にしたい」と続けた。

 アジアカップでも、2試合連続でフル出場。キャプテンマークを巻き、チームの2連勝に貢献している。「歳を重ねるごとに色々経験してきて、こうしてサッカーをする喜びを感じる。そこの部分でより喜びを感じられるように、支えてくれる人たちに恩返しをすることだと思う」と、31歳の抱負を明かした。

 日本代表はグループDで2連勝し、勝ち点6で首位。20日のヨルダン戦で引き分け以上の場合、グループ首位通過となる。