将来が不安になる!? ボーナス時期にうつうつする男性が抱える不満3選

写真拡大

がんばって働いた自分へのご褒美でもあるボーナス。支給前から何に使おうか考えて楽しくなるという人は少なくないと思いますが、そんなボーナス時期に憂鬱な気持ちになってしまう人もいるようです。今回はボーナス時期に思うことについて男性に聞いてみました。

Q.ボーナスの時期になるとうれしくなりますか? それともブルーになりますか?

「うれしくなる」81.8%
「ブルーになる」18.2%

やはりいました! ほとんどの人がうれしくなるとのことですが、ブルーになるという人も2割ほどいるようです。では、ブルーになってしまう理由とは?

■ボーナスがカットされているから

・「もう5年以上カットされているから」(35歳/機械/営業職)
・「景気が悪く、ボーナスカットされるから」(29歳/機械/技術職)
・「年々減っているので」(33歳/機械/技術職)

基本給の昇給とともにボーナスもアップし続けると思っていたら、不況のせいでボーナスは減る一方……。ボーナス時期になると「今年もまた減るのか」とブルーになってしまう人もいるようです。仕事量も増えて経験も積んできているのにボーナスは減っていくというのは、やりきれない気持ちになりそうです。

■もらえないから

・「まわりはもらっているのに、自分はもらえないため」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「もらえないことが多かったので」(30歳/金融・証券/専門職)

周囲の人がボーナスをもらっているのに自分はもらえないという辛さで、ボーナス時期はブルーな気分にどっぷりと浸る男性も! ボーナス商戦とかボーナス払いという言葉にも「そんなもんないよ!」と敏感に反応してしまいそうです。

■金額が低すぎるから

・「大学の友だちと比較すると、圧倒的に安いから」(25歳/電機/技術職)
・「金額が低すぎて」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

ボーナスの金額を友だちと比べてブルーになる男性もいるみたいです。職種や会社の規模がちがえば金額にも差が出そうなものですが、やはり同い年の友だちがもらっている金額より、あまりにも少ないと落ち込んでしまいますよね……。

ボーナスの規定自体がなかったり、規定があっても不景気だから支給なしという会社もあるので、ボーナス時期にブルーになる人は少なくないようですね。景気がよくなるまでは、じっと我慢するしかないのかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数126件(22歳〜39歳の社会人男性)。