毛穴・キメ・ざらつき・シミなど気になる肌をカバーし透明感あふれる肌へ導く「オバジCセラムファンデーション」

ロート製薬は2015年3月10日、機能性化粧品の先駆けとして市場をリードしてきたスキンケアブランド「Obagi(オバジ)」が誕生15年目を迎えるのを機に、オバジCシリーズから「セラムファンデーション(リキッドファンデーション)」など3種7品を初ベースメイクラインとして発売する。

それぞれ効能の違ったビタミンC誘導体配合

オバジは、毎日長時間肌を覆い続けるベースメイクも重要なスキンケアであると考え、紫外線研究から見出した紫外線を味方につける世界初の「トーンチェンジパウダー」を配合した。

「オバジCセラムファンデーション」(3000円、税抜き=以下同)は、毛穴・キメ・ざらつき・シミなど気になる肌をカバーし透明感あふれる肌へ導く。紫外線を吸収して赤色光を発光するトーンチェンジパウダーが肌を血色よく見せる。3種のビタミンC誘導体を組み合わせたパワーブライト処方のほか、ビタミンEと「シグナルロックコンプレックス供廚鯒杞腓靴拭A5色でSPF30 PA+++。

化粧下地の「オバジC トーンチェンジベース(3000円)」は、毛穴や色ムラをカバーしながら血色のよい明るい肌に整える。「持続型ビタミンC誘導体」と、ビタミンEとシグナルロックコンプレックス兇配合されている。SPF23 PA+++。

フェイスパウダー「オバジC クリアフェイスパウダー」(3500円)は、ふんわりきめ細やかなパウダーで、メイクの仕上がりをさらに美しくする。こちらは「安定型ビタミンC誘導体」と「シグナルロックコンプレックス供廚鯒杞隋専用パフ付。