松山英樹、スコア伸ばせず最終日に進めなかった(撮影:上山敬太)

写真拡大

<ソニー・オープン・イン・ハワイ 3日目◇17日◇ワイアラエCC(7,044ヤード・パー70)>
 米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」の3日目。今大会に出場した日本人選手の中で唯一予選を突破した松山英樹だったが、3バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの“72”で2つ落としてしまい、通算イーブンパーの78位タイに後退、3日目に設けられた“MDF”(※79人以上が予選を突破した場合、3日目に70位タイまでのカットラインが設けられる)により、最終日に進むことができなかった。
3日目の松山英樹の結果は!?リーダーボードをチェック!
 首位に立ったのはディフェンディングチャンピオンのジミー・ウォーカー(米国)。首位と4打差でスタートしたウォーカーは10バーディ・2ボギーの“62”で通算16アンダーまで伸ばし、大会連覇に王手をかけた。
 2打差の通算14アンダー2位にはマット・クーチャー(米国)。続く通算13アンダー3位タイにはトロイ・メリット(米国)とブライアン・ハーマン(米国)がつけた。さらにティム・クラーク(南アフリカ)とジャスティン・トーマス(米国)が通算12アンダーの5位タイとなった。
【3日目の結果】
1位:ジミー・ウォーカー(-16)
2位:マット・クーチャー(-14)
3位T:ブライアン・ハーマン(-13)
3位T:トロイ・メリット(-13)
5位T:ティム・クラーク(-12)
5位T:ジャスティン・トーマス(-12)
7位:マックス・ホーマ(-11)
8位T:カミロ・ビジェガス(-10)
8位T:K・J・チョイ(-10)
8位T:スコット・ピアシー(-10)他
〜以下、MDF〜
78位T:松山英樹(E)
<ゴルフ情報ALBA.Net>