フィギュアスケーターの高橋大輔(28)が先日、イベント後の囲み取材で熱愛報道を否定した。
 女性誌に山岸舞彩似の一般女性とのツーショットを掲載されたのだが、同誌によると、高橋が昨年末に出演したアイスショーの打ち上げ後、彼女は酒に酔って少しふらつく高橋の体を支えるようにホテルまで送ったという。
 「高橋は現役引退後、関西在住の一般女性と交際を開始し、それがその女性ということだったが、スタッフの一員だと完全否定。しかし、一般女性との交際のうわさは実際にあって、本当の彼女は写真の女性とは別人で、高橋がきっぱり否定したのも、本当の彼女に向けての言葉だったとの見方がある」(スポーツ紙記者)

 高橋は同じ取材で(24)との恋愛関係も否定し、理想の女性像についても語ったが、これが一部で注目を浴びたようだ。
 「“元気な方、さばさばして姉御肌。顔は独特で前髪ぱっつん、赤い口紅が好き”と結構細かいところまで挙げたのですが、これを聞いて同じ女性を連想した記者は多いはず」とは前出・スポーツ紙記者。
 「高橋は以前から理想の女性は鈴木紗理奈と明言していて、元気、姉御肌、さばさばは確かにイメージが重なります。以前、人を介して食事に誘ったこともあったらしいが、当時、紗理奈は13年末に離婚した元夫と交際中だったこともあり断ったといいます」

 今後、紗理奈が前髪ぱっつんにしたら要注意だ。